生活保護を受けるためには

しばらく前のニュースですが、30代の女性が生活保護の申請に行ったら、職がなければ、ソープランドで働くように職員が求めたというのがありました。

行政としてはなるべく生活保護の申請を受理したくないので、そのような扱いを受けるケースも少なくないようです。私の場合は、そこまでひどいことは言われませんでした。

でも、生活保護を申請するのは正直抵抗がありましたし、申請をしようかなと気持ちが変わったときでも、どのようにしたらいいのか全く分からず、ネットでいろいろと調べました。調べてわかったことをいくつか書きますね。参考にしてください。

まず、生活保護を受けるにはいくつかの条件を満たさないといけないのですが、たとえば、母子家庭でも生活保護を受ける前に、土地や不動産、車などがあればそれを処分して生活費に充てなければいけません。

また、働くことが可能なら、働くことが求められます。働いても生活が困窮して知るような状態なら、生活保護費から収入分を引いた金額が支給されます。また、申請書を提出すると、調査のために「扶養照会」というのが親兄弟、元夫などに送られてきて、「扶養照会」を受け取った人が扶養はできないと返事をすれば、生活保護を受けることができます。

あとは、生活保護制度以外の他の法律や制度での給付がある場合は、それを優先して受給し生活費に充てるようにいわれます。

この中で、かなり抵抗があったのは、生活保護の申請をすると「扶養照会」という文書が親兄弟や元夫に届くということです。それがいやで生活保護の申請をしない人もいるようですが、私の場合、切羽詰まっていたので、事前に連絡して扶養できない旨回答してくれればいいと伝えておきました。

それから、生活保護の申請をしたい場合は地域の福祉事務所へ行きますが、福祉事務所ではできれば申請を受け付けたくないと思っているので、なぜ、生活保護に頼らねばならないほど困窮しているのか、自分の情況についてきちんと説明できるように事前に準備していくことが必要だと思います。

管理人紹介

管理人

大和田ミサといいます。2歳の娘を育てているシングルマザーです。離婚したときは解放感と同時に挫折感もあり複雑でしたが、今は可愛い娘に支えられて元気に生活しています。シングルマザーの生活は考えていたよりも大変で、経済的にはぎりぎりです。生活保護も受けていますが、悲壮感なく、楽しく節約するのが私のモットーです。同じ立場で頑張っているママたちに元気を与えられるようなメッセージを発信できればいいなと思っています。