電気代を抑えるコツ

掃除電気代の節約はいろんな方法があると思いますが、たとえば、冷蔵庫の場合、開閉時間と回数を半分にすれば、一日あたりの消費電力量が約12%削減されるそうです。

ですから、わたしも、なるべく、冷蔵庫を頻繁に開けないように注意しています。また、設定温度も「中」にしていると節電になり、物があまり入っていない時や冬場は「弱」にしておけばだいぶ節電になります。物を詰め込みすぎたり、冷蔵庫が汚れていると電気を消費するので、適度な量を入れるようにして、冷蔵庫の中もきれいにしておきます。

照明はつけっぱなしにしないように、使っていない部屋の照明はこまめに消すようにしています。また、ランプや照明器具のカバーにホコリや汚れがつくと、暗くなるので、まめに掃除をします。

それから、LEDランプは白熱電球と同じくらいの明るさですが消費電力が少ないのでLEDランプを使うと、電気代の節約になります。寿命も白熱電球の40倍だそうです。かなり節約になりますね。

テレビは、なるべく見ないようにしていますし、見終わったら、主電源を切って待機電力を消費しないようにしています。掃除機をかける時には、散らかっていたらまず片づけをします。片づけながら掃除機をかけると、それだけ時間がかかり電気代もかかるので注意しています。ちょっとした事なんですけど、節電につながることはなるべくこまめに実践するようにしています。

管理人紹介

管理人

大和田ミサといいます。2歳の娘を育てているシングルマザーです。離婚したときは解放感と同時に挫折感もあり複雑でしたが、今は可愛い娘に支えられて元気に生活しています。シングルマザーの生活は考えていたよりも大変で、経済的にはぎりぎりです。生活保護も受けていますが、悲壮感なく、楽しく節約するのが私のモットーです。同じ立場で頑張っているママたちに元気を与えられるようなメッセージを発信できればいいなと思っています。