支出を減らす方法について

働いていると生活保護が受けられないと思っている方もいると思いますが、働いていても、直近の3ヶ月の平均収入が最低生活費以下であれば足りない分をもらえます。ですから、生活保護を受けていても仕事ができます。ただし、定期的に収入報告書を出さなければなりません。

ところで、外で働くと収入は得られますが、交通費や飲食代などの支出も当然ありますね。職場の人に食事や旅行、カラオケなんかに誘われることもあります。私の場合は、子供がまだ小さいので、そういうお誘いは断りやすく、交際費はあまり使うことなく節約になっています。

バイト先は家から近いので、自転車で通っているので、バス代もかかりません。職場が近いとお金も時間も節約できます。ちなみに生活保護を受けている人は、車やバイクを所有することができません。

お昼は、外で食べるとお金がかかるので、お弁当を持参します。飲み物も持っていきます。缶コーヒーやジュースなどを毎日買うと結構なお金になるので、めったに買いません。それから、節約するには友達を選ぶことも大事です。

金遣いの荒い友達と付き合っていると、相手に合わせて、自分でも高価な物を買ったり、高いレストランで食事をしなければいけない羽目になります。なので、私は、私の情況を理解してくれる節約家の人と付き合うようにしています。

管理人紹介

管理人

大和田ミサといいます。2歳の娘を育てているシングルマザーです。離婚したときは解放感と同時に挫折感もあり複雑でしたが、今は可愛い娘に支えられて元気に生活しています。シングルマザーの生活は考えていたよりも大変で、経済的にはぎりぎりです。生活保護も受けていますが、悲壮感なく、楽しく節約するのが私のモットーです。同じ立場で頑張っているママたちに元気を与えられるようなメッセージを発信できればいいなと思っています。